忍者ブログ

徒然日記

~*彩の軌跡*~管理人による日記・戯言etc・・・

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近『ライアーゲーム』『ライアーゲーム2』をヘビーローテーションで見ています。
その前は『ブラッディマンデイ』でした。


私は一つハマるとそれを飽きるまでひたすら続ける傾向があります。


なので最近テレビをあまりみていません・・・
23時からのテレビ朝日は見てますが(笑)


新パソ子は動画ちゃんとスムーズにみられるようになったので、
お勧めとかあったらお聞きしたいです♪




GWは全く予定いれていないので、HPいじれたらいいなあ。。。。


あと映画も見たい。アリスとか。
ライアーゲームの映画は見ちゃったし。


面白いTVもあるといいなあ。。。

最近政治ニュースは普天間か事業仕分けばかりでつまんない。

そもそも鳩山さんの意志が見えてこないんだもの。。。



普天間は、移設場所をどこにするにしてもスンナリ地元の同意が得られるはずないんだから、

何故そこに移設するのか、そうすると地元にはどういうメリットがあるのかを明確にすればいいのに。


基地を厄介払いみたいに移設するんなら、5月どころかいつまでたっても決まらないし反発が高まるだけだと思うですよ。



国のリーダーとして今必要なのは、今後の日本ために一番良いと思われる場所に基地の移設を決めて、
何故そこに必要なのかをきっぱりと言い切って地元民を説得することだと思うのです。
根拠なく『公約だから』と言ったって、誰も納得しないだろうよ。


支持率とか国民の顔色をうかがい過ぎず、『日本の明るい未来のため』を決断の根底において動いてくだされば、
それをしっかり言い切ってくれれば、不満はあっても理解はしてもらえるだろうし、支持率もあがると思うんだよね・・・・



民間企業で成功している会社のトップが、リーダーの考え方とか行動の仕方とかアドバイスしたらいいのに。



事業仕分けとか見てても、考えが甘くてイラっとするというか呆れるというか、最近そんなのばかりです。
疲れで心が狭くなってるのかなあ。



でも、そもそも国民も、投票するときにマスコミに踊らされずに公約とかしっかり自分でチェックしたり、勉強しないといけないですよね。



失言とかもあげあしとりみたいになって、大事なことがズレていってしまいそうで怖い。







でも選挙がない限り見守るしかできないしね。
まずは自分にできることをします。


HP更新とかね(笑)

拍手

PR

無題

通りすがりで失礼します。

何のために腐敗した自民党が政権から陥落して、民主党政権が誕生したか、わかってない人が世の中には多すぎですね。
反日マスコミのデタラメ報道に騙されて、安易に鳩山政権を批判する輩が多いことに驚きです。
普天間問題が混迷しているのは、アメリカネオコン(つまりブッシュの残党)、自民党政治屋、官僚(検察含む)、マスコミといった民主党を快く思わない連中が原因なのは言うまでもありません。
これら1)アメリカネオコン、2)自民党政治屋、3)官僚、4)マスコミに加え、5)経団連が、日本をダメにした諸悪の根源です。悪徳ペンタゴンとも呼ばれています。
安易に鳩山政権を批判することは、これら悪徳ペンタゴンにとっては願ってもないことなのです。敵を利する行為です。
鳩山首相が、小沢幹事長が、民主党が表舞台から消えれば、悪徳ペンタゴンによる暗黒社会が復活するんですけどね。
もっとも、今後も悪徳ペンタゴンに搾取され続けることに快感を感じるマゾヒストでありたいならば、鳩山政権を批判し続けても結構ですが。(笑)
実際、悪徳ペンタゴンが作り出した格差社会の被害者であるはずのニートが、ネット右翼となって悪徳ペンタゴンの手先となって民主党を攻撃しているのは、滑稽以外何物でもありません。(笑)

公に意見を述べるなら、最低限以下のことを理解してもらいたいものですね。

1.普天間の海兵隊の部隊は海外へ遠征するための部隊であって、日本の防衛には何の役にも立たないこと
2.沖縄には、普天間以外にも空軍の嘉手納基地があって、これらの基地は依然として残り続けること
3.4月25日の沖縄の県民集会や徳之島の反対でもわかるように、住民に受け入れられる移設先などなく、国内への移設は事実上ありえないこと
4.アメリカとしては、海兵隊の機能をグアムへ集約させる予定で、海兵隊のほとんどはグアムへ移設することがすでに決定していること
5.仮に辺野古に滑走路を建設しても、ほとんど使われることがないこと
6.北マリアナ連邦のテニアンでも海兵隊の受け入れの準備を進めていること
7.大手マスコミ(特に産経、読売)は、報道内容を意図的に歪曲していること
8.アメリカ発の記事で鳩山政権を批判するもののほとんどが、オバマ政権ではなく、ネオコン・ブッシュ残党によるもの

どうしても普天間問題を語りたいのだったら、最低限琉球新報や沖縄タイムスの記事を読んでからにしてもらいたいものですな。
by 通りすがり 2010/04/29(Thu)01:55:06 編集
コメントありがとうございました。
わわわ
何気なく書いたことが、通りすがりの方にも読まれているということに対し、
驚きと感激、それとネットのつながりはすごいのだと、正しく利用していきたいと感じております。
コメントありがとうございます。



折角なので、私の政治に対する考え方を少々書かせていただきます。
ちょっと真面目な話なので、強く持論をお持ちの方はスルーしていただけると幸いです。

通りすがり様の深い知識には、大変驚きました。
まず、私はアンチ民主党ではありません。支持者でもありませんが。


どこを支持しているのでもなく、選挙ではそのとき最も良いと思う党に投票するようにしております。

また、報道をそのまま信じるということも、ことニュースにおいてはしておりません。特に政治ニュースは一部を脚色したり局によってカラーが違ったりしますから。

興味をもったニュースについては、いくつかの新聞、ニュースをみて、総合的に自分なりに解釈するようにしています。


それは、小泉政権のときからです。
かつての小泉首相が『郵政解散』『郵政投票』としてかつてない投票率の選挙がありました。
小泉人気もあって、自民党は圧勝しました。しかし、わたしはあの時怖かったのです。
郵政民政化によって、小さな赤字郵便局はどうなるのかということはもちろん、自民党の公約には税金をあげるなどの公約も入っていたからです。
郵政ばかりに目がいく中、個人的には嫌な公約がいくつか混ざっていました。

しかし、どの政治番組もそのことは一切取り上げず、選挙になり、あの結果。


そしてしばらくしてから『実は・・』みたいな感じで当時の選挙の問題点を政治コメンテーターが討論していたのです。


それは選挙前からわかっていたでしょ、と叫びたくなりました。
あれから、政治については自分なりに色々調べないと大切なことが分からないと思うようになったのです。



人間性という点では、私は鳩山首相は好きです。
財源確保などの金銭感覚に疑問を感じるところはありますが・・・・


GWのイベントで、子供たちのまえで明るい姿をみせているニュースがあり、
『GWで詰められないからかはじけている』みたいな報道がありましたが、
あれだけ色々抱えていて、そこからGWだからといって解放されるわけないじゃないですか。
色々問題山積みの中、子供たちの前では暗い顔をせずに明るく振る舞う姿に、首相としての意識を感じました。

『普天間なんて』発言についても、確かに公約として上がるまで知らなかった国民も多いでしょうし、失言として大きく取り上げるものでもないと思うのです。『なんて』という言葉を使ってしまったことは『あ~あ』と思いましたが、言いたいことはわかったので、大事なのは本質かなと思いますし。



今、この普天間基地問題で、首相の進退問題になっています。
でも、ここで誰に代わっても、今の報道の仕方では絶対に長続きしないと思います。
批判を大きく取り上げるとニュースとしては盛り上がりますが、
見た国民の政府への不信感が高まり、支持率が下がり、また批判報道がされるという悪循環しか起こりません。

麻生首相も福田首相も、自分が総理になる前からの問題によって潰されてしまった印象をうけました。自爆もあったと思いますが・・・

国民は『今』を生活しているわけですから、政府がすぐにでも変わること、変わったことが分かる結果を欲しがります。
私もそうです。ですが、結果を出すにはプロセスが必要です。

特に今回は政権がかわり、別の結果を出すために今までの途中式を書きなおすことから始めていますよね。
消して書きなおす途中で口出しをされればそこで止まってしまいます。

だから、まずは結果を待つことが大切だと思うのです。
鳩山総理には、その結果を出すまでの方針を明確に断言することを望みます。

野党は与党を批判することが仕事です。
しかし、マスコミも批判のみに加わってしまえば、民主党はつぶれます。
国民にとってはマスコミの方が身近ですからね。
批判ばかりが目につくからです。
日本の政治のトップが頼りなくみえてしまいますよね。



政界のさまざまな問題が浮き彫りになってきました。
浮き彫りにしてもらったとも思えます。
変わりきれていないことにもどかしさも感じますが、新たな問題ばかりに目を向けずに、良い点も少しずつ見られたらいいと思っています。


ひねくれた見方をしていると思ってもらって構いません。
ただ、自分が納得できるものでないと他人に言われても納得できない性分なんです。
逆に、知識のないものなスンナリ信じてしまうので、『だましやすい』ともよく言われますが(笑)

長々と失礼いたしました。
これはあくまでも私個人のこだわりであり考えなので、
批判等のコメントはご遠慮ください。
ご気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
2010/04/30 01:04
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
  • 07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
プロフィール
最新記事
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新トラックバック
アクセス解析
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 徒然日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]